スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルミナティ・カードは予言のカード?

今、ネット上の陰謀論者たちの間などで話題になっているイルミナティ カードゲーム「Illuminati: New World Order」(INWO)は、1995年にSteve Jackson Games社より発売されたものと言われています。

このようなカードや・・・・
steve jackson4


最近は、このようなカードが話題になっていますね
steve jackson3



この「Illuminati: New World Order」は、1982年に発売されたイルミナティ カードゲーム「Illuminati」を基に作られた「トレーディングカード版ゲーム」(TCG)です。

steve jackson11 steve jackson5
左:「Illuminati」シリーズの最新版(?)、「Deluxe Illuminati」。 この「オリジナル版」が1982年に発売された 
右:トレーディングカードゲームとして、1995年に発売された「Illuminati: New World Order」


今回は、イルミナティカードを制作・販売しているSteve Jackson Games社のゲーム発案者であるSteve Jacksonさんが、その昔にDRAGON Magazine誌に寄稿した記事の内容から抜粋して、ご紹介してみたいと思います。
イルミナティカード(その後シリーズ化する)が誕生するまでの経緯などが語られています。

                    steve jackson
                           Steve Jacksonさん


(注釈: 今回の記事内で登場する「イルミナティ」は、パワー・エリート(グローバル・エリート)たちを表すイルミナティであり、古来から存続する「反パワー・エリート」の結社のイルミナティのことではありません)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Illuminati Designer Article  by Steve Jackson


【イルミナティカード: アイディアの発端】

「ゲームのアイディアはどこから得ているの?」と良く聞かれるのですが、答えは「わかりません」。 真剣にゲームをデザインするようになるずーーっと以前から、私の頭の中には、、例えば、妖怪みたいなものが棲みついていたのかも知れません。 
ただ、「イルミナティ」(カードゲーム)についてのアイディアだけは、それが何処から来たものか、ハッキリしています。

1981年9月のある晩、私はDave Martinの家にいました。 Daveは、レギュラーのフリーランスのカバー アーティスト(cover artist)でした: 才能があり、協力的で、オースティン在住、ということで、我々はDaveを頻繁に起用していました。 また、良い仲間でもありました。 その夜、私達は仕事の話は一切抜きで、ワインを飲みながらSFについて語り合っていました。 そして、その時、私達はお互いにShea and Wilson の「Illuminatus! trilogy」の愛読者であることが分かったのです・・・Daveのこの発言で。

「ヘイ、スティーブ、この本は、本当にぶっとんでるぜ。 この本を題材にゲームが作れるぞ」

その時は、ただ笑って終わりました。 でも、その後数日間、Daveの言ったアイディアが頭から離れませんでした。 実現は不可能でしょ、と思いました。 小説からゲーム化するための費用(権利の問題)はバカにならないし、テーマ(内容)の問題もありました。 麻薬密輸のための巨大な黄金の潜水艦や、人間の言葉を話すイルカ、アナーキー気質の小人、Dealy Plaza地下の聖人、低俗な意味合いの頭字語を持つ秘密結社たち、そして、急場に突如として現れる救世者 ― それも、生身の(エロティックな)女神・・・・・ 誰が誰の味方なのかも理解出来ないような、そんな内容の小説を基に、ゲームを作る?! でも、アイディアとしては、面白い!、と思いました。

                         steve jackson9
                     「Illuminatus! trilogy」(邦題「イルミナティ」1,2,3)

and then it hit me. その妙案が浮かんだ時、私は車を運転していたのですが、道路から逸れた訳ではないのに、体に変な感覚を覚えました。 Illuminatus! をゲームにする事が出来なくても・・・Illuminatus!の「背景」にある隠された陰謀を題材にすることは出来る! と。
このようにして「イルミナティ」ゲームが誕生することとなったのです。

小説「Illuminatus! trilogy」をそのまま題材にせず、それはあくまでもスピリチュアルなガイド的にすることで、私は何の規制も気にすることなく自由な発想で「イルミナティ」の世界を広げていくことが出来るようになりました。
ということで、早速イルミナティについてのリサーチに取り掛かりました。



【“イルミナティ” についてのリサーチ】

イルミナティ、について調べると言っても、そう簡単に出来る事ではありません。 世の中をひっくり返すような、隠された陰謀のようなものが本当に謀られているのならば、そのようなものは「表」には出て来ないでしょうから。 とはいいつつも、世の中には、多くの人達がその「陰謀」について書きたてていることも事実です ― それぞれに独自の憶測と思い込みを織り込めながら。 
そうして調べて行くうちに、イルミナティの歴史に関する情報や推測(考察)というものは、探せば探すだけ出てくることが分かりました。 そして、そのような情報のほとんどが矛盾しているものである、ということも。 

まぁ、そのお陰で、何を信じるも信じないも私の自由、と割り切れるようになりました。 現に他の人達だって、(イルミナティ、世界の陰謀に関しては)勝手な事を書き放題やっていますからね! 
興味のある読者のために、イルミナティの歴史に関する情報を少しだけ要約して紹介しておきます(管理人注:元記事では、後半にイルミナティについての非常に簡単な概要が書かれてあります。 ご興味のある方は、原文をお読みください)。
もうちょっと詳しく知りたい読者は、「Illuminati」ゲーム説明書に参考文献一覧が載せてあるので、それを参考にしてください。 イルミナティや陰謀については、私は、百科事典からアングラなコミック誌まで、ありとあらゆる膨大なソースに触れて来ました。

さて、“本物の”(管理人注:←この“”(カッコ)がポイント)イルミナティに関する情報は十分把握できたし、イルミナティや陰謀を取り巻く「パラノイア」という面白い現象があることも分かったので、次はでは、どのようなコンセプトのゲームにすべきか?思案を始めました。 そして、思いついたのが以下の点です:

(以下にあるSteveさんの「思いつき」部分はゲームのルールに関する内容が多いので、要点だけをまとめました。 詳しい個々の説明は、元記事をお読みください)

a) 複数人で遊べるゲームにすること。 裏切り行為などもやりたい放題、というスタイルにすること

b) 真剣勝負、というよりも、どこか人をおちょくったようなトーンにすること。 陰謀や暗殺がテーマだと、どうしても「本気」になってしまいがち。 それは避けたい。  人は、奇想天外な「(陰謀)説」を好む傾向があるので、そのエッセンスは取り入れるが、シャレを効かす事。 例えば(実際にゲームにあるように)、「・・・そして、UFOから指示を受けている南米ナチスは、電話会社の力を借りてボーイスカウトを乗っ取った」、、というようなトーンで。

c) プレーヤーのスキルや狡猾さを生かせるような複雑な仕組みにすること。 同盟、あるいはダブルクロスといったプロットなどを盛り込んで、相手の本当の魂胆を見極める能力を要求するような(人間の心理を観察をするような)、要素も織り込む。

d) 私が読み調べて来たような「陰謀」の要素を、出来る限り盛り込むこと。 そのためにも、「南米ナチス」や「キャトル・ミューテイション」、「フッ化物」「共産主義者」「石油会社」「国連」などを登場させる。 「三極委員会」などは、扱いにくい(面白味がない)ので、後日、追加キット(カード)で「Triliberal Commission」(Tri=三つの、liberal=自由な、Commission=委員会。 Trilateral Commission(三極委員会)をもじったもの)というのを出しても良いかも。

e) 従来のゲームには無かったような、斬新なシステムのゲームにすること。 


(意訳を多く含む翻訳は、ここまで、です)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この後、さらに「ゲームのルール設定」に関してや、「試作品の評価」、「イルミナティの概略」「イルミナティ カードゲームのトーナメントについて」 などについて書かれていますが、ここでは省略させていただきます。


Steve Jacksonさんが、1975年に出版されたRobert Shea and Robert Anton Wilson の小説「Illuminatus! trilogy」からインスピレーションを受けていることは、wikiなどでも説明されています。
この寄稿記事を読む限りでは、“イルミナティの陰謀”と言われているものをヒントに、Steveさんはあらゆる情報を収集し、その想像力、発想力、妄想力をフルに発揮して、「イルミナティ」というカードゲームのシリーズを誕生させてきたようです。


● Steve Jacksonさんが影響を受けた上記の小説「Illuminatus! trilogy」(英語)から。 pdfです:
http://stopnwo.com/docs3/wilson-robert_anton_shea-robert_the_illuminatus!_trilogy.pdf

● 小説「Illuminatus! trilogy」の著者であるRobert Shea and Robert Anton Wilsonが影響を受けた作品が、Malaclypse the Younger 著「Principia Discordia」 なのだそうです。 こちらもネットで読む事ができます:
http://www.principiadiscordia.com/book/1.php
(「ペンタゴン」とか「chao」(Principia Discordiaの著者が造った”chaos”の単数形、造語だそうです)などが出て来たり、宗教や(秘密)結社なども登場する「面白い」(コメディ的)作品のようです)

                   steve jackson13





【予言のカード??】

「イルミナティの予言カードか?!」、と話題になっている「Terrorist Nuke」カード(ツインタワーのようなビルが爆破しているもの)や「Pentagon」(ペンタゴンが炎上しているもの)、「Combined Disasters」(地震で時計台が崩れ落ちているもの)、「Tidal wave」(津波)、「Oil Spill」(原油流出事故で、オイルまみれの鳥がデザインされているもの) などが含まれる「Illuminati: New World Order」カードゲームは、1995年に発売されたものですが、発売から数年間、「Illuminati: New World Order」には一体どのようなカードが含まれていたのか、その全貌はずーっと明らかにされて来なかったようです。

steve jackson12  steve jackson8



トレイディング カードゲーム、ということで、簡単に入手し易いカードから、レア物カード、超レア物カード、、というように入手難易度別に様々なカードが作られたようです。
「一体、何種類のデザインが販売されてるのか??」。 発行されているカードの全容が分からないだけに、コレクターの間でも「どのカードがレア物か?」とか「出回っている全カードを網羅出来ているか?」など、活発な情報交換が行われて来たようです。
ソース:http://www.sjgames.com/inwo/lists/il_html2.html

現在は上記サイトにて、そのフルセットリストの内容が公開されています。


「予言」と言われているカードの内容については、当時の時代背景やその頃「出回っていた」陰謀説を考えると、十分に思いつくようなデザイン内容ではないか?との意見が、海外の掲示板では見られます。
WTC(ツインタワー)などは、9・11以前にも、1993年に爆弾テロ事件がありましたし、ゲームの内容に「石油会社」「陰謀」とあるならば、そこに「ペンタゴン」が出て来ても不思議ではありません。
また、「Illuminati: New World Order」が1995年から発売され始めたことを考えると、丁度その頃日本で起きた阪神・淡路大震災が「Combined Disasters」カードのデザインに影響を与えている可能性もあります。 (例えばその時、カードをデザインしたアーティストの手近にあった「日本の都市」の参考資料写真が、たまたま東京・銀座の服部ワコーの時計台が映っているものであった、、とか)

また、中には「後出しじゃんけん」のように、事件発生“後”に、あたかも「予言的中」を臭わすようなカードをデザインし、セットの中に紛れ込ませることも出来たのではないか? という意見もあります。
「Illuminati: New World Order」の全容(全カードリスト)がしばらく明かされなかったことを考えると、後からカードをセットに「追加」することは可能であったのかも知れません。



【シークレット・サービスによる強制家宅捜査? 圧力??】

この「Illuminati: New World Order」の発売にあたり、Steve Jackson Games、Steve Jacksonさんらは、シークレット・サービスや警察から強制家宅捜査を受けた、ゲーム発売にあたり、当局から圧力がかかった・・・ という話があります。
この逸話が、「イルミナティ」カードに、何やら謎めいたタブー的なイメージを与えているような節がありますが、どうなのでしょうか。 タブーな領域に足を突っ込んでしまったSteveさんを、シークレットサービスが「要注意人物」と見做したのでしょうか??


↓こちらのサイト様に、参考になる記事がありましたので、一部引用させていただきました。
m23 logbook 【共謀罪・サイバー犯罪法】/ http://d.hatena.ne.jp/mark23/20050713

≪1990年頃に米財務省が「サンデビル作戦」の一環で、違法な情報(電話システムのハッキング情報)をやりとりするダイアルアップ直結式BBSを運営している判断したスティーブ・ジャクソン・ゲームズ社を捜査、犯罪に関する資料として当時リリース直前だったダンジョン&ドラゴンズタイプのゲームの資料とBBSシステムを差し押さえた事案。ゲーム資料→ハッキング資料と判断した財務省の勇み足が明らかになり無罪判決と賠償が行われたという内容。≫(引用終わり)


この事件が起きた当時、Steve Jackson Games社で働いていた有名ハッカーLoyd Blankenship(またの名をMentor )に対する「ハッカー取り締まり」騒動のごたごたに巻き込まれてしまった、、と云ったような事であったようです。
↓サンデビル作戦、ハッカー取り締まり、に関する記事はこちらにあります。
『米国政府とエンターテインメント業界、ファイル交換への総攻撃を準備中』

この事件に関しては、いくつもの記事にて取り上げられています。

Steve Jackson Games, Inc. v. United States Secret Service

SJ Games vs. the Secret Service

The Con Trail : illuminati card game (フォーラム内のハンドルネーム「Seraphim」さんの書き込み)

                          * * *


「Steve Jackson は、イルミナティの息がかかっている人物だ。 NWOの人間だ」「イルミナティの予言カード・・」、、、 そういった先入観を持ってこのイルミナティ カードゲームを見れば、「そのように」如何にも解釈できるような不気味な「予言」カードとして見る事も出来るのでしょう。 でも、実際のところは、もっと単純で、「普通」に遊ぶために考案されたカードゲームなのではないでしょうか。 

「イルミナティの“予言”カードだ」 「当局から発売禁止の圧力がかかった“いわくつきの”カード」、、、、 いつの間にか、そのような付加価値をくっ付けて、イルミナティ カードゲームの存在を広めてくれた人達に、Steve Jackson Game社は内心感謝しているのかも知れませんね。



参考記事 : 【誤解されているスティーブ・ジャクソン】

         【これがイルミナティ・カードだ!】



                 steve jackson2





スポンサーサイト
2011年05月15日 | オカルト | トラックバック(0)件 |

ワールドカップ2010に隠されたオカルトシンボル?!

ワールドカップ、第19回大会が6月11日から南アフリカで始まっていますね。
世界中の、日頃からサッカーに関心のある人達も無い人達も、試合の成り行きを見守っている方達は多いのではないでしょうか。

このような世界的イベントには、世界中の人々の関心が集まります。 そのような所に「彼ら」は何かしらのマーキングをするのではないか??  ロンドンオリンピックの例もありますし・・・ ひょっとしたらW杯にも“刷り込み”が・・?  
そこに着目した記事を海外のサイトで見付けました。
こちら↓がそのサイトです。
http://adventofdeception.com/soccer-world-cup-footbal-occult-symbolism-numerology

今回は、このサイトからの内容を抜粋してご紹介してみたいと思います。
(*ワールドカップ2010とオカルトに関する内容です。 お茶うけの種くらいのお話と思ってお読みくださいね。 内容もこじつけっぽい部分が多いですので、ご了承ください)

では、粗い翻訳とともに、ご紹介です。

【ワールドカップとオカルト的数字たち】

ワールドカップの開幕日:2010年6月11日=11。(2+0+1+0+6+1+1=11)
ワールドカップの閉幕日:2010年7月11日=12。(2+0+1+0+7+1+1=12)これは6+6または33:33と取れる
期間日数:30 の
出場チーム数:32。 これはもしくは3:11と取れる

ワールドカップ開幕日の朝に亡くなったネルソン・マンデラさんのひ孫さんは、13歳になったばかりであった。

アフリカ人歌手のSiphiwo Ntshebeさんは、今大会でパフォーマンスすることに決まっていたが、その週間前に細菌性髄膜炎にかかり、35歳で亡くなった。(Siphiwoさんの開会イベント出場は、マンデラさんが個人的に指名したそうです) Siphiwoさんが亡くなった日:2010年5月25日=15、もしくは 555

2010年6月11日、イギリスから南アに旅行で来ていた学生たちの乗っていたバスが事故に遭い、人が亡くなった。

使用されるサッカーボールには11色が使われており、それは南アの11部族と11の言語を表している=33

FIFAは、南アフリカの再参加を認めたが、これはアパルトヘイトが終わって18年後のこととなる:1866633:33

開催期間中のオカルト行事と日付け:
 ・夏至 ― これは13週間続く(四季はそれぞれ13週。13×4=52周(一年))
 ・6月21-22日 ― 夏至
 ・6月21日 ― Litha:イルミナティの「生贄(人間)を捧げる夜」
 ・7月4日 ― アメリカ独立記念日。 Lithaから数えて13日後
 
*数字に秘められたオカルト的意味は、こちらのサイトをご参考ください(英語のサイトです)
http://www.theforbiddenknowledge.com/hardtruth/13_33_freemason_sig.htm


【ワールドカップ開幕セレモニーに見られるオカルトシンボル】

開会セレモニーでは、巨大なDung Beetle(フンコロガシ)の後に付いて踊るダンサーたちのパフォーマンスがあった。 この巨大なフンコロガシは、セレモニーの目玉であったが、これはCalabash(カラバッシ)の鍋と共に、太陽崇拝やアフリカのオカルトVoodooと関係が深いものである。

africa2 [320x200]


オカルトにおけるフンコロガシ

このセレモニーに登場したフンコロガシのオカルト的意味など、おそらく見ている人達のほとんどが気が付いていなかったであろう。

古代エジプトでは、太陽神ラーが毎日夜明けと共に新しい太陽を運んで来て、日没には太陽を別の世界へと運び、そこで「再生」され、次の日再生した太陽の日の出を迎える、と信じられていた。 そのため、「再生」の象徴とされていたフンコロガシは、古代エジプトでは「聖なる虫」「再生の象徴」として崇められていた。

スタジアムは太陽をシンボライズしており、さらにそこに「フンコロガシ」と「鍋」がセレモニーで使われたこと・・それは明らかに太陽崇拝、黒魔術、そしてVoodooを表している。

africa1 [320x200]


また、古代エジプトにおいて葬送の儀式は大変に重要なものであった。この儀式に使用される「scarab」(スカラベ:フンコロガシのこと)は、何よりも大切な物として使われていた。(この場合は、緑石から作られたスカラベを死者の胸の上に置いて、死者が死後の世界へと旅立った時の「お守り」として使われていたようです)

このフンコロガシとマンデラさんのひ孫さんと歌手Siphiwoさんの「死」には、何か繋がりがあるのかも知れない。
ちなみに、セレモニーに登場したフンコロガシについてのメディアの解説は、以下の様であった;
「アフリカでは、フンコロガシは、土壌を肥やしてくれる虫として、崇められている」
・・オカルト的意味については、一切触れられることはなかった。


【Calabash(カラバッシ)Cooking Pot(鍋)とオカルトシンボル】

「サッカー シティー」のスタジアムは、Calabash(ヒョウタンから作る器)がモチーフとなっているらしいが、上空から見てみると、太陽を表しているようにも見える。

africa3 [320x200]


開幕セレモニーで使われたカラバッシは、「料理用の鍋」として登場した。 もともと、カラバッシというのはアフリカでは水などを飲むのに使用されて来たものだ。 なのに、なぜ火を使って料理する用の「鍋」として登場したのか?

africa4 [320x200]

踊り、料理、生贄・・・これらはアフリカの黒魔術やVodunと関連がある。(Vodunとは、英語で言うVoodooのこと)

Vodunの儀式は、数千年の昔から変わっていない。 オカルト信奉者、または神の子らは、“血の儀式”を通じてloas(Voodooの聖霊)と交霊し、繁栄を手に入れる。 全てのVodunの儀式には、十字架、蝋燭、頭蓋骨、タバコ、ラムその他の聖具が祭壇に置かれ、ドラムのリズムに合わせて皆で祈りのを捧げること ― これがVodun式の祈祷 ― でloasとの交霊を行う。

白塗り、または白装束(穢れが無いことを象徴)をまとったオカルト信奉者たちは、踊り出し、時にはloaの霊に憑依され、痙攣を起こしたり、様々な言葉を口走ったりする。 そして、憑依から抜け出てきた(戻って来た)者は、その時からあらゆる試練に立ち向かえるようになっているという。

儀式におけるおぞましいクライマックスは「動物の生贄」と共に迎えられる。 生きた鶏や山羊が引き出され、それらの首が切られ、流れ出た血はCalabashの器に集められる。「血」は、loaのエネルギーと生命力を宿していると信じられているのだ。 信徒達はこの血を啜り、十字をきり、los達と一体化し、その身を浄化するとされている。

これが、南アのワールドカップの開会セレモニーで私達が「目撃」しとことなのであろうか?
見守るサッカーファン達の熱気と、Calabashの鍋に象徴されたような、オカルト的「騙された一体感」が合わさったものであったのだろうか・・・?


【トロフィーとオカルト的数字、シンボル】

以前のワールドカップのトロフィーは、Jules Rimetトロフィーとして知られる、女神が羽を広げたモチーフの物であった。 Jules Rimetは33年間FIFAのPresidentを務め、1930年に最初のトーナメントをセットアップした人物でもある。

africa6 [320x200]
かつてのJules Rimetトロフィー

Jules Rimetトロフィーのモチーフは、勝利の女神Nikeであると言われている。 デザインは、古代ギリシャの勝利の女神Nikeが八角形のカップを頂く、というものであった。 このトロフィーは、1983年に盗難に遭い、それ以来発見されていない。 おそらく、盗んだものによって熔かされてしまったものと思われる。

現在のトロフィーは、高さ36.5センチ(14.4インチ)で、キロ(11ポンド)の18カラットの純金で作られており、ベース(直径13センチ(5.1インチ)にはマラカイトが2層に使われている。



・・・・といった感じです。

この記事を書かれたShawnさんは、このようなことも言っています:
「国際的なサッカーの試合というのは、愛国心や自国のプライド心を呼び覚ます。 自分の国のチームが試合に勝つにしろ、負けるにしろ、それを応援するファン達の「念」は、強いものだ。 特に、負けた国のチームやファンが生み出す「負の念」(勝った国の場合は、「狂喜の念」)のエネルギーは、人々のあいだに凶暴性を招く。 オカルト・イルミナティは、そのことを理解しており、そのような負の念を引き出そうとしている」(粗、粗意訳)
・・・戦争も、同様なのだそうです。

ちなみに、サッカーボール。 大昔は、人間の頭、布を縫い合わせて作ったボール、動物や人間の頭がい骨、豚や牛の膀胱、、などが使われていたそうです。 不気味です。
http://www.soccerballworld.com/History.htm


初めにお断りしたように、“こじつけ”っぽい考察が見られる事は否めませんが、ちょっと面白い見方だな、と思いましたので、ご紹介してみました。   あくまでも、「お茶うけ」話・・? それとも「刷り込み」・・?? 笑
 
Anyways, enjoy the rest of the World Cup 2010 !


2010年06月22日 | オカルト | トラックバック(0)件 |
プロフィール

tinyterror

Author:tinyterror
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。