スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴットリーブ博士のマインドコントロール-LSD-

・・MK-ULTRAについて色々見ていましたら、このような新聞記事を見付けました。

“Was idyllic French village driven crazy by LSD in a secret American mind experiment?”
(平和なフランスの村がLSDによって狂人村化したのは米の秘密洗脳実験によるものだったのか?
元記事:http://www.dailymail.co.uk/news/article-1258801/Was-idyllic-French-village-driven-crazy-LSD-secret-American-mind-experiment.html

南フランスの風光明媚な村ポン=サン=エスプリは1951年8月のある土曜日を境に「悪夢の村」へと変貌してしまったそうです。 何の前兆もなく突然に村の老若男女が“went mad”―狂ってしまった―そうです。
pont-saint esprit
南仏Pont-Saint-Esprit

(注:ここから狂ってしまった村人たちのとった異常な行動描写が始まります);
≪ある者は「人肉を食む悪魔が追ってくる!」と叫びながら石畳の小道を走り行き、またある者は目を見開き狂人顔で「脳が融けた鉛になってしまった。内臓もメラメラ燃えながら耳から垂れ流れる・・。」と口走った。
ある男性は、高い窓から「私は飛行機だ!」と叫びながら真っ逆さまに飛び降りた。そして両足を骨折したのにもかかわらず周りの狂った人々に急かされて立ち上がり、50ヤードほど歩いた後血だまりに倒れ込んだ。
少年らは母親を絞め殺そうとした。 ある男性は「ハート(心・心臓)の解放!」と言いながら自分の胸を包丁で裂いた。地元の石工職人ガブリエルは、奥さんに「私は死んでいる!私の脳は銅だ!腹の中には蛇がウジャウジャだ!」とまくし立てた。また、人々は屋根の上に登り「色々な色の野獣が攻めてくる」と夜通しで怯えたり吠えたりした。
犬や猫、鶏までも狂暴化し、他の動物達は口から泡を吹き出しながら痙攣して死んでいった。
翌朝、村医者はその時の状況を「完全な狂気」と表現し、Bosch作の絵画「The Last Judgement」のようであったと言っている≫
(描写終わり)

この一件で少なくとも5人が亡くなり、村のほぼ全住民4000人が「気がふれて」しまったと言われています。
近隣の村から出動してきた警官隊も「捕獲網」(通常野良犬などを捕獲する時に使う)を使って村人たちを捕獲しなければならず、さらに村人たちが収容されたアサイラムにおいても村人たちは拘束服を着用させたりベッドに縛り付けたりしないと手に負えない状態にあったそうです。 また、狂ってしまった村人たちはその後も回復することなく、電気ショック療法などを受けながら暮らしているようです。

一体、なぜこのような事が起こったのか?
世界中の関心を集める中で警察や検死官から発表されたのは次のような結果でした;
「原因は、村のパン屋のパンだ。 パンに使用されたライ麦粉(政府の製粉所から仕入れたもの)が汚染されていた。」

調査員によると、使用されたライ麦粉はリゼルグ酸ジエチルアミド ―俗に云うLSD― と非常に良く似た性質を持つ菌によって汚染されていたそうです。 これは、麦角中毒と呼ばれるものなのだそうで、前世記にも同じような「事件」があったそうです。

(実際に、悪名高き1692年の「セイラム魔女裁判」においても女性や子供たちが絞首刑になっていますが、彼女たちも幻覚で悪魔が見える、と証言していたことがあります。 これも恐らく麦角中毒によるものではないか、と言われています。)

事件からひと月も経たぬうちに英メディカルジャーナルは「フランスで起きた狂気は全てパン屋によってばら撒かれた菌によるもの」と断言したため、哀れなパン屋さんは責任を取り、余生を文無しで過ごさねばならなかったそうです。

これにて一件落着、とはなりませんでした。 最近になって別説が出て来たからです。

ポン=サン=エスプリの村人は“敵軍の人口に向けて使われる兵器としての新薬をテストするという米政府の超機密プログラムの実験の犠牲になった”と云う説が浮上して来たのです。 シドニー・ゴットリーブ率いる極秘裏の洗脳実験MKウルトラ計画の一環として故意にLSDがライ麦粉の仕込まれた、という説を裏付ける証拠が最近出て来たようなのです。

“黒の妖術師(黒魔術師)”と言われた米軍化学者ゴットリーブは薬を使って敵を殺したり無能力にしたりする研究・実験を行う米の極秘洗脳プログラムの責任者となりました。 1943年に麦角菌から合成されて作られるLSDの可能性に魅了されたゴットリーブは、なんと、一度はキューバのカストロをドラッグ(薬)で狂人(廃人)にしてしまうことも企んでいたらしいです。 また、アメリカの敵のみならず、実際には娼婦や大学生、ベトナム戦争捕虜なども彼の実験台となっていたそうです。 
「私は、どのようにすれば脳をコントロールすることが出来るのか知りたい ― そして必要とあらばそれを破壊させる方法も。」とは、“LSDには敵を弱らせる絶大な効果がある”と主張していたゴットリーブの言葉です。
dr.sidney gottlieb
ゴットリーブさん。趣味はナイトクラブで踊る事だったそうです。

では南フランスの事件にゴットリーブが関与していたという証拠は?

(まず、そもそもゴットリーブには“良心の呵責”というモラルが全く欠けていたそうです。ですので、だれかれ構わずモルモットにしていたし、時には自らが実験台になることもあったようです。(黒魔術師と言われた人ですからね。)
ゴットリーブにとってみれば、実験さえ行えるならばどこの村でも関係なかったのでしょう。)

ハンク・アルバレーリというジャーナリスト/作家が長年かかって入手したというCIAの機密文書というのがあります。
アルバレーリは、ゴットリーブの下で働いていたフランク・オルソン(内部告発を試みたために消されたとの噂がある)の死について探っていく中で何度も「ポン=サン=エスプリの機密」なる文書を見て来たそうです。 また、彼のもとに入ってくる情報(文書)の中にはホワイトハウスより“ポン=サン=エスプリの件”は隠蔽するよう指示されているものもあったそうです。
アルバレーリさんは「確かにクレイジーなアイディアだ。もし誰かがあなたに“CIAはフランスの町をアシッド(LSD)を使って中毒症状を起こさせようとしている”などと言ったら笑ってしまうでしょう? でも、それは実際に起こった事なんだ-間違いない」と言っています。 
さらにこのようなコメントも;「ドラッグを使ってフランス人を狂わせるなんてゴットリーブにしたら夢のような話だろう。
彼は典型的なevil geniusだよ。きっと今頃笑っているだろうね-地獄で。」

・・以上が新聞記事の内容です。

Acid(LSD)やその他の手段を使って人を狂わせる事(マインドコントロール)に熱中したDr.ゴットリーブは1999年に亡くなりました。
ゴットリーブの死から10年が過ぎた今、当時のLSDや洗脳よりもっともっと破壊力のありそうな「洗脳兵器」が色々と出来てきている
ようですね。 
例えば、HAARPとか? このお話については「カレイドスコープ」さんのこちらの記事が大変参考になります。↓

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-110.html

ちなみに、元記事の読者コメント欄には「(この事件で“動物達も発狂した”という件に関して)犬や猫ってパンを食べるの?」という質問に対して「フランスでは動物は残り物のパンも食べます。 フランス人は無駄をしないのです」と答えているやりとりが出ていました。 
(・・もしかしたら地面で生活していたアリさんなどの昆虫や地中のミミズさんたちまでオカシクなっていたのかも知れませんね。)

ポン=サン=エスプリの村民たちが知らぬ間に実験台にされていた可能性は大きいような気がして来ましたが、真相はまだわかっていません。

もし自分の知らない間に勝手に電磁波兵器実験やら洗脳実験やらの実験台にされていたら、とても迷惑なお話ですね。
(ある意味でもう既に洗脳されているのかもしれませんね、私達は・・!) なるべく気をつけましょう。 でわ!
 


2010年04月13日 | 洗脳 | トラックバック(0)件 |
プロフィール

tinyterror

Author:tinyterror
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。