スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームソフトと引き換えに貴方の魂を・・

妙なタイトルになってしまいました。 

元記事:http://www.out-law.com/default.aspx?page=10929

「・・この商品のご購入にあたり、貴方は貴方の“永遠の魂”に関する一切の権利を弊社に譲渡することに同意します。」

これは、Gamestationというゲームソフト小売店が“一体どれくらいの人達がterms&conditions(利用規約?)に目を通してから
商品の購入をしているのか?”というのを調べるためオンライン購入者に対して行った実験にて実際に利用規約に含まれた
一文です。 ただし、この条項の頭には「キリスト紀元2010年、第四の月の初めの日に商品を購入する方は・・・」とあり、終わりには 「但し、a)“永遠の魂”を信じていない方、b)既に他者と同様の契約を結んでいる方、c)こんな契約を弊社と結びたくない方、は以下のリンクから「同項の契約を無効にする」を選ばれた後、商品購入の手続きを行って下さい」との一文も書かれていました。

このリンクをクリックした場合、このようなメッセージが用意されていました:
「この条項はエイプリル・フールでした。 貴方の素晴らしい注意深さを称え、£5(700円位?)の商品券を贈呈いたします。」

当日(4月1日)、オンラインでゲームを購入した人は7500人いたそうです。 しかし、実際に小売店から£5の商品券をもらった
人は0(ゼロ)人だったそうです。 つまり、誰も規約など読まずに「同意」して商品を買っていた、ということですね。
(好んで魂の権利を譲った人も、ひょっとしたらいたのかも知れませんけれど・・。)  

また、別の似たようなニュースによりますと、先頃ロンドンで開かれた某社のコンファレンス用の資料として配られた書類の末に
あった免責条約の中の一条項には「この条項を読んでいただいたお礼に会長から弊社株£50(7000円位)分を差し上げます」
と書かれていたそうですが、当日のコンファレンスに参加した人でこれに気が付いた人は皆無だったそうです。

コンファレンス後、同資料はインターネットに載せられたそうです。
それから2日経ってから一人のスウェーデン人男性から会長に連絡があり、目出度く謝礼を出す事ができたということです。

・・・以上のニュースは、如何に人々はterms&conditions(利用規約) ―“small print”と呼ばれる事もあります― を読まずに契約に
「同意」してしまっているかを伝えてくれています。 今回ご紹介したようなジョーク的な“条項”ならばそれこそまだ笑って済む話
ですが、これが各種の保険や生活に影響するような契約、例えば不動産売買や車の売買、になりますと話は違ってきます。
特にこの国では内容をしっかりと確認しないまま怪しい契約書などに「同意」したり「サイン」してしまった場合、何か問題が起きた時、基本的には全てがこの契約書とサインで話が決まってしまいます、例え契約書の内容がどんなに理不尽であっても、です。
本当に困った時は、弁護士さんを立てて対処することになります。(そこまで悪質なケースは稀でしょうけれど・・)
とりあえずやたらとホイホイとサインはしない事にこしたことはありません。

small printをめぐる不愉快な混乱を避けるために、↓このようなサービスがあります(法務省がバックアップしています)
http://www.ico.gov.uk/about_us.aspx
また、契約書などに書かれているsmall printには素人には判りにくい「jargon」(専門用語)が多用されているがために「騙されてしまう事」がないように、契約書などの規約/条約を細かーーーく本人に代わって目を通してくれるサービスもあるようですし、このような→http://www.insmallprint.co.uk/ small printに関する事ならば何でも相談に乗ってくれるサービスもあるようです。

おそらく日本ではこのような“虫眼鏡を使わないと読めない”ような部分に消費者が不利になるような条約を紛れ込ませるようなセコく、ちょこざいな手を使う人達はいないと思いますが、一応お気を付け下さい。・・・と書いておきながら私は相変わらずワンクリックでオンライン・ショッピングしていますけれど・・・笑(←Amazonとかのみに限り、ですよ!) 日常生活でいちいちsmall printなぞに目を通していられないのというが現実でしょうね・・! 

small print [320x200]

**************************************************************************************

さて、玉さまのところより“warning”が出ているようです。 
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-542.html

一応、べク輝について?
http://www.intecjapan.com/blog/2006/05/post_247.html

さらに一応。
http://www5.cao.go.jp/access/japan/chans/betten2.html

...keep informed, just in case !! STAY SAFE !!

**************************************************************************************


2010年05月04日 | ニュース | トラックバック(0)件 |
プロフィール

tinyterror

Author:tinyterror
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。