スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DNAの働きはコントロールできる?!

最近、人間の中の未知なる可能性について考える機会に恵まれました。 そのことに関していろいろと知りたくなり、例のごとく、ネットで検索をかけて調べていたのですが、気がついたら「DNAの働きに指示を出す“エピゲノム”」というepigemone(後世遺伝子)というものについて書かれている、なかなか興味深い記事に辿り着いていました。
・・・ということで、今回はこの「エピゲノム」についてご紹介してみたいと思います。

元記事:http://www.latimes.com/news/health/la-he-epigenetics-20100503,0,7161969,full.story


これまで人というのは、「一生変える事の出来ない」DNAと生活する環境や様々な要因などによって形作られていると言われていました。

しかし、近年のリサーチにより、DNA自体は変える事はできなくても、個人の生活習慣(食生活、ストレス、身の回りの有害物質、etc)などによって、DNAの「働き」に影響を与えることが可能であることが、わかってきたようなのです。
(つまり、DNA自体を変えることは出来ませんが、自分の普段からの生活・行い次第によって、自分のDNAの「働き方」が変わってくる、とういうことのようです)

そのDNAの働き方に「指示」―その時々の状況によって、どのDNAを働かせて、どのDNAを休ませるか― を出しているのが、「エピゲノム」と呼ばれる後世遺伝子なのだそうです。
DNAは、その周りをヒストンというタンパク質が巻き付くように覆っており、さらにそれに纏わりつくようにして覆っているのがエピゲノムなのだそうです。
(こちら↓のサイトにある動画(1:30秒ほどの簡単な動画です)にてエピゲノムのイメージがわかり易く紹介されています。英語です)
http://learn.genetics.utah.edu/content/epigenetics/intro/

                 dna2 [320x200]
                 オレンジ色の円盤がDNA、その周りに巻きついて
                 いる青いのがヒストン、その周りにエピゲノムが
                 くっついているようです(イメージ図)  

このエピゲノムが、一つ一つのDNAに対し「君はもう少し元気に働いてください」「あなたは今は少しお休みなさい」というような指示を出しているそうです。
エピゲノムがDNAに対して“どのような指示を出すか”は、その人がどのようなライフスタイル (どのような所で暮らし、どのような物を食べ、どれくらいのストレスを感じ、どの程度薬やドラッグ(麻薬)を常習しているか、など) を送っているかによって変わって来るそうです。

生まれつき決められて持っているDNAですが、どのDNAに「活動」させ、どのDNAに「休ませる」かの判断をしているのはエピゲノム、 エピゲノムがDNAに指示を出す際の「判断材料」は、その人その人の生活習慣、ということのようです。 

例えば、一卵性双生児。 一卵性双生児の双子ちゃんたちは、全く同じDNAを持って生まれて来ます。 それにもかかわらず、成長と共にどちらか一人だけがガンなどの“遺伝子の病気”と言われている病気にかかったりすることがあります。 これは、双子ちゃんたちが育つ過程で受ける各々の「環境」がそれぞれのエピゲノムに違った影響を与えたためである、という研究結果があるそうです。

また、自閉症の子供の中には、通常以上のエピゲノムを持つ子がいることが判明し、この過剰なエピゲノムがオキシトシン(社交性を築くのに必要とされるホルモン)に反応すべきDNAの活動を妨げてしまっている、という研究結果が2009年にデューク大学医学センターの研究員たちにより得られた、とBMC Medicine誌に発表されたそうです。 この研究は、わずか40人の被験者を対象に行われた小規模なものでしたが、たった一つの遺伝子が「働いているか、いないか」だけで人の社交性の問題にまで影響を及ぼす可能性があることが判ったことは、興味深い結果であったようです。

既にいくつかの製薬会社では、このエピゲノムの特性を利用した医薬品の開発に取り組んでいるそうで、中には、ガンの活動を活性化させる遺伝子を休ませ、反対にガンと闘う遺伝子の活動を促すようなものも開発されているようです。 しかし、医療におけるエピゲノムの研究はまだ円熟されていないため、エピゲノムを利用した医薬品、治療がどこまで患者さんの体に影響を与えるかが判るまでは、“命にかかわらない”病気(?)分野においてのみ利用される見通しのようです。

                 dna [320x200]
  

「人の運命を変えることも可能になるかも知れない後世遺伝子学が大好きです」と話すのは、デューク大学医療センターで後世遺伝子学の研究をしているRandy Jirtleさん。
Jirtleさんの説明によりますと、“コンピューターに例えるならば、DNAは、ハードウェア ―固定されていて、変化することが無い― 、エピゲノムは、ソフトウェア” なのだそうです。 ソフトウェア(=エピゲノム)次第で、ハードウェア(=DNA)の働き方も違ってくる、ということのようです。


エピゲノムのコードの構成成分に関しては、日頃の食生活によるところが大きいようです。 例えば、活動して欲しくない遺伝子の働きを抑えるエピゲノムの分子を生成するには葉酸が必要だと言われています。 またブロッコリーやニンニクも、エピゲノムの構成にとっていいようです。
(こちら↓のサイトには、エピゲノムにいい(!?)食品がいくつか紹介されています・・・)
http://food-facts.suite101.com/article.cfm/eating-to-enhance-your-epigenome-dna-methylation

ちゃんとした食べ物を食べることで、エピゲノムにも良い作用が現れるようです。 特に、エピゲノムの活動がお腹の赤ちゃんにまで影響を与えてしまう妊婦さんや、心身の変化を迎えてる思春期の子供たちは、気を付けて良質の食品を摂る事が望ましいようです。

2003年に行われたマウスを使った実験によりますと、葉酸や良質なビタミンを多く摂取した親マウスとそれらのビタミンを摂らなかった親マウスから産まれたマウスとでは、前者は“茶色く、標準体重のマウス”であったのに対し後者は“黄色く、肥満ぎみで、糖尿病傾向のあるマウス”であった、という結果が見られたそうです。

また、妊娠中に喫煙を続けたお母さんは、お腹の中の赤ちゃんのエピゲノムにまで長期的な悪影響(喫煙による)を与える可能性もあり、それが後に子供がガンなどを発病するか、しないか、にまで関わってくる可能性もある・・・とUSC's Keck School of Medicineの研究者たちは発表しているようです。

              dna3 [320x200]
              良・悪質関係なく、“影響”を受けた母親のエピゲノムは
              子供から、さらにその子供へと受け継がれて行き、その
              影響が消え始めるのは4代目あたりからではないか、と
              言われています 

(エピゲノムに関した研究や実験は、ここでご紹介したもの以外にも色々とあります。 ご興味のある方は「epigenome  study」などのキーワードで検索されてみて下さいね)

こちら↓のサイトには、DNAやエピゲノムに関する事柄がわかり易く説明されています。(英語です)
http://learn.genetics.utah.edu/


ちなみに、大人のエピゲノムは、胎児や乳児に比べると、その活動は安定しているそうですので、その時その時の行動、感情、そして食べた物などによって逐一過敏に反応するほどではないようです。 ですので、あまり神経質にならなくてもいいそうです。(神経を使い過ぎて、それがストレスになってしまったら、元も子もありませんからね!)

また、エピゲノムは、電気のスイッチを「点けた」り「消した」りするような感じでDNAの活動をコントロールしている訳ではなく、時には少しだけ活動させたり、中程度の活動をさせたり、と明るさ調整機能付きのライトのように、調整しながらロントロールしているそうです。

これは、私の想像ですが、現在の科学ではまだ説明出来ないような現象(例えば、プラシーボ効果)とエピゲノムも何か関連するような感じがしています。

食生活や環境、気の持ち方などにちょっと気を付けるだけで、DNAに大切な指示を出すエピゲノムが、その力を最大限に発揮できるような「良い環境」を作り出してあげる事はできても、DNAやエピゲノムに「私達」が“あーしてください”“こーしてください”と欲深く「注文」出来ないところなど、いいのではないかな・・などと思ったりもしています。

日本には、「病は気から」という言葉もありますし、「笑う健康法」(正式名は知りません・・ 笑)といわれる健康法などもありますが、それらも理にかなっているのかも知れませんね!

funny [320x200]

funny2.jpg

funny3.jpg



・・・おまけで、故D.ケリー博士に関するニュースです・・・

ご存知方も多いかと思いますが、先日このような↓ニュースがありましたので、一応ご紹介しますね。
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1291019/Dr-Kelly-slit-wrist-weak.html

・・・2003年に自宅近くの野原で、手首を切られた状態で遺体となって発見された、英国防省の兵器専門家David Kelly博士。 
ニュースでは「自殺」となっていますが、真相は??
今年の1月には、ケリー博士の検死結果報告書や非公開の証拠・物証は、今から70年間公表されない事が決まり、ニュースになりました。

そして今回、亡きケリー博士と共にイラクにて調査チームの一員として働き、公私に渡ってケリー博士を知っていた女性、Mai Pedersenさんが 「ケリー博士は、昔から手と腕に支障があったため、食事の時、ステーキ肉を切るのにさえ苦労されていた」 「(薬などの)錠剤を上手く飲み込むことも出来なかったケリー博士が、自殺前に、29錠もの鎮痛剤を飲んだとは、とても考えられない」
・・と彼女の弁護士を通した手紙の中で証言し、ケリー博士の死に関する「真相究明」に向けた調査を再開するべきだ、と訴えています。

ケリー博士の死に関しては、多くの英国民も「不審な点が多い死」であると思っています。
今の連立政権がどのようにこの件を扱うのか、気を付けて見ていたいと思います。

                   dr.kelly [320x200]
                          David Kelly博士






2010年07月03日 | 未分類 | トラックバック(0)件 |

Red hot chilli powder作戦

(*レッチリ ファンの方、紛らわしいタイトルですみません・・!)

玉さまのブログでは、野菜作りのお話が出ていますね。
お庭や畑は無いのですが、私は毎年バルコニーでお花やいちご、チリ(トウガラシ)、トマトなどを育てています。

毎年お花も野菜も元気に育ってくれて、収穫も満足だったのですが、今年はトラブルが発生しました。

室内で種から育てた苗を、先日バルコニーの大きなプランターに植え替えました。
あとは暖かい日差しをたくさんあびて、上手く育ってくれるのを見守ってゆこう、、、とカーテンを閉めてその日は寝ました。

次の日、カーテンを開けてビックリ。 昨日植えた苗のほぼ全てがプランターから掘り起こされて、見るも無残な状態になっていたのです。 急いでまだ大丈夫そうな苗達を植え直しましたが、多くの苗は根や蕾が“食いちぎられて”おり、復活してくれる可能性は低そうです。
犯行現場を見たので、犯人は、判っていました。 うちのバルコニーの常連さんの↓このおチビさんです。
              grey2 [320x200]
               nibble, nibble

このおチビさん達は、Grey Squirrel(灰色リス?)と呼ばれる、どこででも見掛けられるリスです。
このリスは、数年前からうちのバルコニーに来ては小鳥用の餌を横取りしていく常連さんで、小鳥用の餌を食べてしまう以外はいたずらをしなかったのですが、なぜか今年は苗に手を出しました。
             
今年は例年になく肌寒い春なので、それでリスの食べる物が見つからなくて、苗に手を付けたのでしょうか・・・?!

気になりましたので、Royal Horticultual Society(RHS/王立園芸協会)に問い合わせてみました。
電話に出たおじさんは「...yeah, it could be.」(うーん、そうかも知れない)と気のない返事。言い方もちょっと投げやりな感じです。
でもその後「対策はありませんか?」と聞いたら、今度は熱心に、一方的にいろいろな対処法を教えてくれました。

その中でも面白かった対処法が「 chilli powder」(粉状のトウガラシ)を被害を受けたくない苗やその近辺の土、あとお花や蕾に直接ぱらぱらとふりかけておく、というものでした。 そうすると、リスは根や花を食べなくなるそうなのです。
さっそく家にあったChilli powderを苗達にふりかけて様子を見てみましたところ、今日で5日経ちますが、今のところ苗達はみな無傷です! これは良い事を教えてもらいました。

中には、Grey squirrelを害虫とみなし、毒物で殺してしまったり業者に駆除してもらっている人達もいるようですが、私は、そのようなやり方には反対なので、今回のトウガラシ作戦を知り、嬉しくなしました。

また、おじさんは、「このCilli powderは小鳥の餌にも混ぜておくと、リスが食べなくなるよ」とも教えてくれました。 おじさん曰く、小鳥達はどんなに辛い(hot)なトウガラシでも平気(辛さを感じない)なのだそうです。
これも試してみましたが、効果は100%ではありませんでした。 でも餌の減り方は間違いなく遅くなりました。
やはり、リスさんは辛さに弱いようです・・・。

あと、ナメクジに悩まされたら、苗の周りを幅のあるcopper(銅)線で囲うと良い、とも教えてくれました。 ナメクジは銅が苦手なのだそうです。 なるほど。 でも、うちではナメクジの被害は無いので、こちらは試し様がありません。

・・・苗も、小鳥用の餌も「おあずけ」となってしまった常連さんが気の毒で、今はリス専用の食べ物を用意してあげるようになりました。(苗や小鳥用の餌に手を出さなくなったのは、ひょっとしてこのせい・・??)


今年は、この変な気候のせいか、いつもは2月の後半頃から咲き始める水仙、3月に咲き始める桜、4月に咲き始めるモクレンがみなほぼ同時期に咲きだしました。 “寒波の影響”なのだそうですが・・。 理由はそれだけなのでしょうか?ね!


robin [320x200]
こちらも常連のロビンさん
私のお気に入りさんです


2010年05月16日 | 未分類 | トラックバック(0)件 |

地球温暖化のCM(uk)

前回の記事、陰謀説Top30にも登場しました地球温暖化論への懐疑説。 2008年には既に怪しいと言われていたのにも拘わらず
2009年に英政府はまた私達の税金を使って↓にあるようなCMを製作して大人から、さらに子供達にまで「地球温暖化の恐ろしさ」を改めて教えてくれました。 



(お父さん)「・・ある所におかしな気候の国がありました。ひどく熱い所もあれば嵐や洪水で大変な所もありました。
科学者たちは「これは大人たちがエネルギーを使うたびに出て来ては(排出する)お空に飛んで行くCO2を出しすぎた
ことがいけなかった、そして思っていたよりも影響が早く出始めた」、と言いました。」
「そのうち海に沈んでしまうような所もあるかも知れません。 そして、その時になって困るのは今の子供たちなの
でした。」「「なんとかしなければ」・・大人たちは思いました。 そしてCO2の40%が自分たちの毎日の生活の
中から出てきているものなのだ、と気付きました。 「家を暖かくしたり、車に乗ったりすることを止めてCO2を出さない
ようにしたら子供達にこの国は残せるかもしれない」、そう大人たちは思いました。」
(女の子)「Is there a happy ending?(ハッピーエンドになるのかな?)」

・・・というような内容のCMです。 因みに、このCMは「必要以上に子供たちの不安を煽る」と云うクレームが続出したため、放送が止められたようです。特に“可愛い動物たちが溺れていく場面”が問題になりました。 ただし、『Sky』では今でも流されているようです。

↑の動画を探しておりましたら、↓このようなパロディーものも見付けましたのでご紹介します。


(女の子)「ダディ、さむいよォ。」
(お父さん)「・・ある所に人々がとてもとても自由に暮らしている国がありました。エネルギーも安く幸せに
満ちた国でした。」「しかし、その事が“ある大人たち”を怒らせました。 そして人々から自由を奪おうとしました。」
「そこで“ある大人たち”は架空の危機を作りだし「CO2は悪者だ~!」と言いまわりました。 CO2は人々が呼吸する時にも
必要なもので、植物もそれを吸収して元気に育っているというのに・・・CO2が無くなったらこの地上の緑たちも無くなって
しまうでしょう。」「そして“ある大人たち”は「人々が普通に生活することによって地球の命がどんどん削られていくのだ」と
言って子供達を怖がらせました。」「そこで“ある大人たち”は“Cap & Trade”というヒドイものを考え出しました。 それによって
人々が家を暖めたり、車に乗ったりする度に、人々が行うこと全てに、税金がかかるようにしてしまったのです。」
「・・・だから私達ももうこの家にも住めなくなってしまうのだよ、マーリン」
(女の子)「なんでそんなこと(Cap&Trade)したの? ダディ?」
(お父さん)「地球の温暖化を止めるために、だよ ハニー」


一説には政府が1200万ポンドを投資して製作されたというこのCM。大人子供の不安を煽る事には成功したようですが、結果的にはそれ以上に国民からのバッシングを買ってしまいました。 「税金を返せー!」という声も理解できます。

政府や“ある大人たち”が今回の地球温暖化問題のような誰にでもわかりやすい「失態」をちょこちょこずつでも演じることによって人々が何でもかんでも「簡単に信じないこと」をだんだんと学んでいける、というのは良い事だと思います。
(この国の人達は政府や大企業がやる事に対しては批判的であったり、懐疑的な考えの人が多いのですが、環境問題やヒューマニズム的な事に関してはとても同情的で一気にガードが下がるような所があるように感じます。 ←in my humble opinion, あくまでも私見です。)

今でも映画館に行くと本篇が始まる前の広告で温暖化に関するCMが流れています。
こういうのもいずれ無くなって行くのかも知れませんね。 Let's see!


2010年04月02日 | 未分類 | トラックバック(0)件 |

がんばれ! ミツバチさん

先日、「The Last of the Honeybees」というドキュメンタリー番組を見ました。世界中で蜜蜂さんの数がどんどん
減少しているという問題に迫る内容でした。 蜜蜂の減少については数年前からニュースでも言われていましたが、
いまだにはっきりした原因はわかっていないそうです。

番組が製作れたアメリカを例に取りますと、1980年には450万あった蜜蜂コロニーが1990年には300万に、2000年には
280万に、2005年には240万、へと明らかに減少の一途を辿っています。 ここイギリスでも1980年頃に比べるとなんと
54%の減少が見られるそうです。

急激な蜜蜂の減少に拍車を掛けているのが「Colony Collapse Disorder」(通称CCD)と呼ばれる現象です。
(日本語では「蜂群崩壊症候群」と言うようです)。 これは、ほんの数週間の内に大量の蜜蜂が失踪したり
死んでしまうという恐ろしい現象です。原因は、IAPV(イスラエル・アキュト・パララシス・ウィルス)というオーストラリアの
蜜蜂に見られるウィルス、だとか、Varroa mite(ミツバチへギイタダニ)が有害なウィルスを拡散している、だとか、
農薬(Toxic cocktail=複種類の農薬漬けによる中毒?)、だとか、養蜂家による養蜂箱の長距離輸送などによる
ストレス、だとかいろいろ言われています。
また、携帯電話などからの電磁波やGM crops(遺伝子組み換え食品)が影響している可能性もあるようです。

番組でCCDで死んでしまった蜜蜂さんを検死解剖したところ、普通の健康な蜜蜂と体内の様子が大分違っていることが
判り、それが理由で免疫力もかなり低下していたことも判りました。弱り切っていたのです、かわいそうに・・・。
何が蜜蜂さん達をこんな風にしてしまったのでしょうか。 恐らく人間でしょう。

このまま原因が判らず対処出来ないまま行きますと、蜜蜂はさらに減少してゆき2035年には絶滅してしまうかも
知れないそうです。 これは大変なことです。 蜜蜂から生態系が崩れ始め、様々な動植物が絶滅してしまうかも
知れないからです。 (・・?!、こんなところからも人口マ引きですか?!)

“Save our Honeybees! Save our planet!”

先週、あるスーパーマーケットチェーンが「自宅で蜜蜂を保護し・育てよう!」キャンペーンを始めました。
キャンペーンに登録すると2日間の集中講義に参加することになり、その後養蜂に必要な道具一式と蜜蜂さんを
受け取るのだそうです。 あとは習った通りに自宅の庭やバルコニーで養蜂を始めるだけです。

あと、郊外の農薬散布された果樹園などで生息している蜜蜂よりも、個人の庭の花やゴミ(!)などを糧として
生きている都市部の蜜蜂の方が健康で長生きしているのだそうです。

ところで、この写真の緑色のパラソルからぶらさがっている灰色の物体は何かご存知ですか?
waspinator [640x480] [320x200]

これは「Waspinator(商品名)」といい、ハチ(特に雀蜂)よけとして使われているものです。
この灰色のゴミ袋のようなものを吊るしておくだけで、半径6~7メートルの範囲内ならばハチが寄ってこないという
優れモノです。殺虫剤不要、メンテナンス不要、ハチの死骸の片づけ不要、です。どのような仕掛けかといいますと
“他の雀蜂の巣には近づかない”という雀蜂の習性を上手く利用しているのです。つまり、この灰色のゴミ袋が雀蜂には
「巣」に見えるそうで、それを認識するのが6~7メートル位離れた所から、、ということでその半径内ならば
雀蜂が近寄って来ないという事です。ハチを殺さず、環境にも優しい、、、。効果は100%とは言い切れませんが
かなり有効です(うちにもあるのでわかります。毎年役に立っています)。こういう発明品は素晴らしいですね。
(お断り:私は「Waspinator」のまわし者ではございません、念のため。)

話はドキュメンタリーに戻ります。
番組の最後にある養蜂家のおじいさんが言っていた事がとても印象的でしたのでご紹介します;
 「蜜蜂は、彼らが必要とする以上の蜂蜜を作って人間にお裾分けしてくれていた。とても良い関係を築いていたんだ。
 だが、そこに人間の“欲”が絡み始めた。必要以上のものを蜜蜂に要求し始めたんだ。今のこの惨状(蜜蜂の減少)は
 私達人間が招いたんだ。」

・・・深いですね。 でわ! 

180 [320x200]
昨年夏育てたヒマワリ&蜜蜂さん
2010年03月11日 | 未分類 | トラックバック(0)件 |

ロス茶煎る度さんたちは長寿?

以前、“ロス茶煎る度さんたちやその仲間で癌で亡くなった人はいるのだろうか?” と
書きました。 なら調べてみよう、と私に出来る範囲で調べてみたのですが良く分かりませんでした。
リサーチの仕方や要領が悪いのでしょう。

リサーチ中に見たwikiに、ロス茶さん一族(全てではないでしょうが)の人達数名の生没年が出てい
ました(約100件)。 その中から1900年前後に生まれている人達を選び、没年から享年を割り出して
みました。そうしたら、その内の約1/4の人達が70歳以上まで生きており、さらに驚いたのがその多くが
85歳以上、90歳以上まで生きていたということです。

いくら平均寿命がのびた、と言ってもこの一族の長寿ぶりはちょっと凄いと思います。
本当はそれぞれの死因も知りたかったのですが、あちらもこちらも“cause of death unknown”で
壁にぶち当たっております。
ちょっと飛びますが、英王室の女王様も83歳、御主人のフィリップ殿下は88歳。「クイーン・マザー」の
愛称で親しまれた故エリザベス皇太后は享年101歳でした。
あの人達は何か「永らえる」秘策でも知っているのでしょうか。 それとも今はこれ位は普通なのでしょうか。

本日のニュースでは、「100歳まで生きられ、さらにアルツハイマー(老人性認知症)も治るピルの完成
は近い」というのがありました。 寿命を100+にし、老年病を抑えることに関連する遺伝子3種を特定する
ことに成功したようです。3種の遺伝子のうち2種は心臓病や脳卒中・脳梗塞の危険性を下げるといわれる
善玉コレステロールの生産を高める作用があり、あとの1種は糖尿病を防ぐ作用があるそうです。
これらの遺伝子を模造(?)したピルを開発中で、あと3年以内には試験的に使われるようになるそうです。

“彼ら”の人口間引きとはマ逆をいくようですが、それによってさらに利益をあげられる産業もあるし・・・。
・・最近はどんなニュースを聞いても“彼ら”との繋がりを勘ぐってしまわずにはいられなくなっています。

内容があちこちに飛んでまとまりがなくなってきたので、今回はここでやめます。 でわ。

 
2010年02月03日 | 未分類 | トラックバック(0)件 |
プロフィール

tinyterror

Author:tinyterror
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。